2010年07月27日

カブトムシ


レポートの提出が終わりました。。

今年の春から大学院で法律の勉強をしていまして、

本日が一学期課題の提出期限。


レポートの作成がこんなに大変だとは思ってもいませんでした・・・

国立国会図書館に何度足を運んだことか。


これだけの量の判例や論文を読むと、

なんだか賢くなったような気がしてきますね(笑)

ぜひとも実務で活かしたい。





カブトムシ


ちっちゃなカブトムシのメス。

家の玄関の前にいました。

自宅の最寄り駅は学芸大学駅なので、

結構都会に住んでいるつもりなのですが・・


でも、こんなところでカブトムシに出会えるとは、

ちょっとうれしい夏の便り。



unitedbrain at 09:03│Comments(2)税理士業務 

この記事へのコメント

1. Posted by zhulin   2010年08月12日 13:33
始めまして。
ここに辿り着くのは、一つの不思議な「絆」があります〜それはUNIQLOCKです。
簡単に自己紹介をさせていただきたいですが、私は北海道大学院国際広報メディア専攻・修士課程の学生です。UNIQLOCKがもたらした効果に対して非常に興味を持って、今現在これを中心に卒業論文の作成中です。
というわけで、UNIQLOCKを使っている、或いは貼り付けたことがあるアナタの力を借りたいです、この「絆」の力を借りたいです。よろしければ、私のブログameblo.jp/zhulin74223に、アンケート票を書いていただけませんか。ご協力お願いいたします。
 
2. Posted by matsuoka   2010年08月25日 00:06
企業の指針
ブランディング
ブランディングとは、そのBR その企業が物販サービスを通して何を消費者に提供できるのか、提供すべきなのかを考える提供価値を創造すること。
すなわち顧客の創造です。提供価値は、情緒的価値
機能的価値に分類できる。例えば、TOYOTAでいえば
カローラ、カローラといえば燃費がいい! 安心
庶民派!なんとなくそんなイメージない?
“燃費がいい″は機能的価値。 安心は情緒的価値
これが、一般企業でみるとほとんど“カローラ”というBR名すら出てこないはず!
企業ブランディングが今、最も、必要とされており、
成功している企業の絶対条件です。
お客様に何を伝えたいのかが、明確でない伝わらないし、売れない。
理念 思想がビジョンを立てる。ビジョンは永続的
価値そのもの。これがない会社は、真似ごとで終わる。真似ごとで終わる企業は、世論に走り、価格競争で体力低下する。だから磨きぬいた価値!すなわちブランディングが必要やで・・・・

こんな話すきやろー







この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔