2010年04月23日

すべては経営者の思考にある。



「景気が悪い」ということは、自分が儲からない「原因」ではなく、

みんなに共通の「条件」なのだ。

その条件をいかに克服するかが肝心なのである。

                       by藤田 田





レバレッジマネジメントで有名な本田直之さんのセミナーに

参加してきました。


レバレッジ・リーディング/本田 直之



¥1,523

Amazon.co.jp



ためになることをたくさん学べましたので、

忘れないように備忘記録として残しておきます。



〜少ない労力・時間で大きな成果をあげる仕組みを作った上で、

努力を重ねること〜



【経営のレバレッジ】

・考える時間の余裕はあるか?

・学んでいるか?

・内部要因思考を持っているか?

・勘で意思決定をしていないか?

・外部とのつながりはあるか?

・演出力はあるか?

・会社を商品としてとらえているか?

・運をあげようとしてないか?

・メンタルを鍛えているか?







リーマンショックの後の不景気で苦しんでいたお客様の業績が

急速に回復してきました。


景気が良くなったわけではなく、経営者の意識が変わった事が理由だったり、

この不景気をチャンスに変え、

新たな仕掛けや取り組み、効率化に力を注いできたことなどが、大きな要因。



大変な時期を知っているので、業績回復の話は純粋にうれしいです。



セミナーでも言っていましたが、

経営者の思考が変われば、会社は変わります。


その思考の変化に、数字はすぐに反応してくれる。





まだまだ変われそうですね。


頑張って行きましょう!



unitedbrain at 19:37│Comments(0)税理士業務 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔