2007年11月29日

個人住民税の住宅ローン控除申告


ここ数年の間にマンションを買った友人たちから立て続けに質問がありました。

「住民税の住宅ローン控除」について。

テレビや雑誌でこの制度のことを紹介されていたそうなのですが、
「なんだかよく分からない」のだと言います。


今年の改正で所得税と住民税の税率が変更になりました。

この税率の変更で、変更前より変更後の所得税が少なくなるため、
今まで所得税から控除できていた住宅ローン控除額のうち、
その少なくなった所得税分だけ、控除しきれない部分が出てきます。

そのため、その控除しきれない額を住民税から控除できるように
「住民税の住宅ローン控除」の制度が今年から新たに創設されたのです。

今までは、住宅ローン控除の減税分は年末調整で会社が計算してくれていましたが、
この住民税の制度は、自分で申請しなければ適用を受けることが出来ません。



なんだか、難しそうだし、面倒な感じがしますね・・・


直前になれば税務署や区役所などが、もっとアナウンスするのでしょうが、
なんとなく、この制度のことを知らずに損をしてしまう人が
たくさん出てしまうような気がします。


住民税の住宅ローン控除の申告期限、来年は3月17日。

年末年始に受取る源泉徴収票に「住宅借入金等特別控除可能額」に金額の記載が
ある人や源泉徴収税額の欄の額が「0」の場合には、
住民税の減税を受けることができますので、住宅ローンがある人は、
必ず源泉徴収票を確認するようにしましょう。


 ユナイテッドブレイン会計事務所のホームページへ


人気ブログランキング


unitedbrain at 09:12│Comments(2) 税理士業務 

この記事へのコメント

1. Posted by mimizuku   2007年11月29日 15:10
宇坪先生の文章は
とてもわかりやすかったので
早速印刷して社内の該当者に渡します。

なんとなく知ってはいましたが
説明する自身がなかったので
助かりました
2. Posted by がんばる税理士   2007年12月07日 09:07
>mimizukuさん
ありがとうございます。
住民税の住宅ローン控除については、
この記事を見た他のお客さまからも
お問い合わせがありました。

たしかに説明しづらい税制改正ですよね。。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔