2007年09月10日

旅行会社のビジネスモデル


今月末に友人の結婚式が沖縄であります。
「沖縄、高そうだなあ」
などと考えながら、JTBに足を運んだのですが、

2泊3日、飛行機代とホテル代あわせて、
なんと51,800円。安い!
広島の実家に帰るのと大差がありません。

これで利益が生まれるのでしょうか?
恐るべしJTB。


JTBのビジネスモデルに関心しながらも、
勤務時代に担当していた旅行会社のことを思い出しました。
たしかに、その会社も儲かっていたなあ。

店舗を持たない「一休.com」が、
どれだけ効率良く稼げているかも想像がつきます。

「一休.com」http://www.ikyu.com/

「一休」は、設立10年あまりで、東証1部まで登りつめました。
従業員は28名で、営業利益率は、61.5%

61.5%

売上げの半分以上が最終的に利益として残っている会社なのです。
なかなかこんな会社はありません。
ベンチャー経営としては、理想形。

ある意味、JTBに勝っていますね。


どんな業界でも、まだまだ参入の余地はきっとあります。
ポイントは特化差別化

資本力のないベンチャーが生き残るには・・・



札幌出張の翌週には沖縄へ。

北に南に、今月は忙しい(笑)


人気ブログランキング


unitedbrain at 20:24│Comments(0) 税理士業務 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔