2007年08月27日

世界陸上大阪


世界陸上にどっぷりハマっています。

きのうの男子100M、日本人初の決勝進出が
期待された朝原選手でしたが・・・

走り終わったあとのインタビューで見せた朝原選手の涙に、
少し「うるっ」ときてしまいました。

金メダルでもない、決勝進出でもない朝原選手のあの涙に感情移入・・・

朝原選手は、今年35歳、この大会で引退するそうです。


たった10秒で勝負がつく100M走。
0.01秒を縮めるために何年もの間、
血のにじむ努力を続けてきたことでしょう。

いろんな思いがあるんだろうなあ



ビジネスでは、鍛えに鍛えた肉体を使って、
100Mを9秒で走る人が勝つのではなくて、
どんな手段・道具を使おうとも5秒でゴールする人が勝つという世界。
5秒でゴールするためにジェット機を開発できた人が勝つ。

しかし、すべての人がジェット機なんて開発できるわけがありません。
ジェット機を開発して、100Mを5秒でゴールしてしまう人もまれにいますが、
100Mを9秒で走るために体を鍛え、努力を続けている人が大半なのですね。
みんな勝つために努力を続けている。


ビジネスがスポーツと違うのは、100Mを9秒で走る素質がない人でも、
情熱を持って努力を続けていれば、応援してくれる人があらわれ、
9秒で走る手助けをしてくれるというところです。
それは従業員かもしれないし、取引先や友人、明日会う人かもしれません。

努力を続けていれば、9秒で走れるチャンスがくる。

もしかすると5秒でゴールできるかもしれない。



夢や情熱を持って努力を続けている人をみると、
無条件に応援したくなりますよね。


世界陸上、今日も続きます


人気ブログランキング


unitedbrain at 09:38│Comments(2) 税理士業務 

この記事へのコメント

1. Posted by meguro   2007年08月28日 10:37

 すごくいいお話ですね。。

 勇気付けられます・・


 自分の限界を自分で決めて

 可能性をせばめてしまいがちですが


 熱意というものが

 いろんなものを

 動かして

 可能性を広げてくれる・・

 
 努力が大切ですね。。

 
 スポーツは見ていて

 すがすがしくて感動します

 
2. Posted by がんばる税理士   2007年08月29日 10:20
>meguroさん

天才イチローも人並み以上に練習を重ねているといいます。

スポーツ選手の努力に負けないように、
私も頑張っていきたいなあ、なんて思います。
自分の限界を自分で決めてはいけないですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔