2007年03月23日

逓増定期保険


昨日、税務当局から生命保険協会へ、

「法人契約の逓増定期保険の税務取扱いの見直しを検討している」

という、口頭での通知があったそうです。

保険会社から連絡が入ったのですが、詳細は未確定なので、

憶測による説明等は避けてくださいとのこと。


この逓増定期保険は、節税商品として売り込んでいた

金融機関もたくさんありました。


税務当局、どんな見直しをしてくるでしょうか?

中小、中堅企業もかなりの数が契約していると思われます。

詳細がわかり次第、対応しなければいけませんね。


人気ブログランキング


unitedbrain at 16:54│Comments(6) 税理士業務 

この記事へのコメント

1. Posted by インテグ   2007年03月26日 22:16
頭の痛い問題です。保険会社によっては、売り止めする会社も出てきました。早く結論が出ればいいのですが、それまでの間が困ってしまいます。
2. Posted by 2号   2007年03月27日 09:49
通りすがりの者です。
逓増保険に加えて、相続税法24条の定期金に関する権利の評価も改正されるみたいです。
本法改正なので早くても平成20年改正だと思われますが・・・。
証券会社が変額個人年金売りまくったせいだと言われています。
保険で節税ができない時代になってきましたね。

3. Posted by がんばる税理士   2007年03月27日 10:13
>インテグさん

3月決算のお客さまも微妙な感じですよね…
結論がでるまで時間がかかりそうですが、
早めに対応したいものですね。
4. Posted by がんばる税理士   2007年03月27日 10:22
>2号さん

権利の評価も改正ですか…

逓増定期も、証券会社が頑張っていましたしね。。
5. Posted by インテグ   2007年03月30日 00:33
今日は朝日新聞に記事が出ていました。

今回の動きは早いです。しかも何か大きな力が働いているような気もいたします。

日経新聞の記事にも関係しているのでしょうか…。

確かに保険だけが時価会計じゃない…、と言うのもおかしな話ですが、もっと他に取れるところがあるのではないかと…。

税収…。血の出るような努力をして這い上がってきたのに、経営者さんたちは大変です。
6. Posted by インテグ   2007年03月31日 00:29
続報です。今日は日経に出ました。販売中止…。

恐らく多くの業界人が今回の騒動を知った発端は、ある外資系生保からの情報。確か22日か23日だったと思います。その生保会社も恐らくその日前後に知ったのでしょう。その慌てっぷりは疑う余地がありません。

しかし、昨日今日の新聞には「3月中旬」とあります。国税局が生保協会に勧告を行ったのは…。

どうもこの間にタイムラグがあるような気がして仕方ありません。何か思惑が見え隠れているような気が致します。

何にせよ、前回の長期傷害の時と同じく、呪われている損保系生保が問題なのか、ガリバーくんが小人を踏み潰しているのか…、厳しい結果が見え隠れします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔