2007年03月19日

昔の仲間と


「私のシュミレーションでは、上場までにかかるコストは

8,000万円です。」


昔の仲間と飲みに行ってきました。

ベンチャー企業に転職した元同僚。

2年後の上場を目指し、上場準備に入ったようです。


「上場を達成するために、管理部門の人材補充、

外部に支払うコンサルタントフィーを含め、8,000万円の経費が増える。」


やはり、この費用は上場を考えた時には、

目に見える最大のデメリットかもしれません。


「上場費用の負担に耐えられる会社であるか?」


財務担当の彼としては、心配するのも当然ですね。


久しぶりの再開でしたが、面白い話をたくさん聞けました。

昔を知っているだけに話もはずみます。

また、近いうちに会いましょう。


人気ブログランキング


unitedbrain at 11:12│Comments(2) 税理士業務 

この記事へのコメント

1. Posted by インテグ   2007年03月20日 22:25
私も先日、IPOを目指すご法人に提案に行ってきました。コンセプトは「上場時にかかるコストを計画的に平準化しオフバランスで積み立てる・・・」。4年間でおおよそ8,000万のプランニングでした。

せっかく公開しても上場時のコストで、利益を圧迫し公開後の株価に影響を与えても意味のないこと。

公開を目指す会社にはいろいろと対策が必要ですよね。

来週お会いする会社もIPOを目指す会社。またコンサルティングしたいと思っています。
2. Posted by がんばる税理士   2007年03月22日 10:31
>インテグさん

そうですね、公開を目指す会社にはいろんな対策が
必要になります。

長期的視点に立って、コンサルティングしなければ
なりませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔