2011年04月

2011年04月09日

がんばろう、日本。



東北地方太平洋沖地震が発生し、1ヶ月がたちました。



被災地の映像を見るたびに、心が痛みます。


信じられないようなあの街の光景。


家や家族を失った方々の言葉や表情・・・



今まで寄付などあまりしたことは無かったのですが、

今回ばかりは、少しですが義援金を日本赤十字社に送金させて頂きました。

被災地の1日も早い復興を願って。





また、自粛も大切ですが、どんな状況であろうと、

やっぱり重要なのは、経済をとめてはダメなのだということも強く感じました。


中小企業がお客様であるこの税理士という仕事は、

経済の状況を誰よりも早く感じることができます。


震災と停電などの影響を直接受けてしまった飲食店や小売業などの

店舗系のお客様の売上を見ると、

どれほどの影響を受けたのかが一目瞭然です。



震災後の東京の混乱も、やっと落ち着きを取り戻してきましたが、

一人ひとりが意識することで経済的にも変わることは沢山あるはずですし、

人の気持ちも、今のこの瞬間も、もちろん大切ですが、

半年後、1年後のこともしっかりと考えて、

今何をするべきなのかを考えて行動したいものだと思います。




1923年の関東大震災。

妻子も事業も失ったシャープ創業者の早川徳次は、

大阪でラジオ事業を始め、グローバル企業の礎をつくった、

と言います。


まだまだ余震や原発の問題もあり不安は残りますが、

歩みを止めてはいけません。


復興のためにも、一人ひとりが行動し、不安にひるまず、

リスクをとって、前に進むしかない。


がんばろう日本。



unitedbrain at 18:22|PermalinkComments(0)税理士業務