2007年07月

2007年07月31日

税理士試験


「そろそろ税理士試験だよなあ」


梅雨が終わり、蝉の声が聞こえてくると、

税理士試験を思い出します。


気がつけば7月も最後の日。

来週は、いよいよ税理士試験の本番です。


働きながらの税理士試験に苦労した私としては、

社会人受験生には、ぜひとも頑張ってもらいたい。

仕事と勉強の両立。

1年間の集大成。


「最後まで・・・希望をすてちゃいかん

あきらめたらそこで試合終了だよ」

by スラムダンク 安西先生



あと1週間、最後の最後まであきらめずに頑張りましょう

きっといい結果が残せるはずです。


人気ブログランキング


unitedbrain at 19:16|PermalinkComments(2)税理士業務 

2007年07月26日

会計がわからんで経営が分かるか!


会計の大切さを分かってもらうためには、会計士や税理士が会計の話をするよりも、

現場の生の経営者の声を聞いてもらうのが一番だと思います。


しかも、成功している社長の話であれば、さらに説得力が増す。


そこでサイバーエージェント藤田社長の創業当時の日記をご紹介。

年商600億円、従業員は1500人を超えるサイバーエージェント。

いまやサイバーエージェントの藤田社長を知らない人は少ないでしょう。


HPで、創業当時の日記、当時25歳の、生の社長の声を聞くことが出来ます。


成功する人は成功する理由(ワケ)がある。

ぜひ、読んでみて下さい。



「CEOメッセージ」
http://www.cyberagent.co.jp/company/ceo/1999/0207.html



HPより抜粋
「保証協会の基準には満たず、事業立ち上げ時には割と簡単に貸して
もらえるといわれる国民金融公庫では散々苦戦して予定の3分の1くらい
の融資をやっと受けることができました。
その当時すでに順調に売り上げはあがっていたし、利益も出ていたし、
たくさんの企業や営業先のクライアントや知り合いが、サイバーエージェン
トの将来性を感じてくれて、出資したいという嬉しい言葉を頂いていました。
なのにどうして金融機関は融資してくれないのか不思議で仕方がありま
せんでした。
理由は簡単で、金融機関の人と話すときも私は投資家に話すのと同じ調子で、
大風呂敷きを広げて事業のことを魅力的に話していましたが、金融機関の人
たちにとっては、その事業がいかに魅力的に見えるかよりもいかに健全に
成長するかのことのほうが大事なのでした。
つまり、事業の安全性をロジカルに立証できない私に対しては融資できないと
いうことなのです。
恥ずかしい話ですが、今月からは超本気で会計に取り組んでいます・・・・


人気ブログランキング


unitedbrain at 10:10|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年07月25日

当たり


あたり






先日、渋谷の居酒屋でもらったガム。


当たりました


ビジネスが成功するかどうか、経営者の資質として「運」という要素も

少なからずあると思います。


ガムの当たりとは、「運」の意味が全く違うかもしれませんが、

なぜかとっても気分がいい。


「自分の運はその手でつかめ


情熱と努力が運を引き寄せます。

がんばりましょう。


人気ブログランキング


unitedbrain at 10:42|PermalinkComments(2)税理士業務 

2007年07月24日

資本政策 ベンチャー企業


きょう訪問した恵比寿のお客さま。

会社を設立して、6ヶ月ほどしか経っていませんが、

すでに資本政策が出来上がっています。


資本政策とは、株式公開時の発行済株式総数や株主構成、公開する市場や

目標とする資金調達額を決め、どのタイミングで、どのような手法を

選択するのかを計画すること。


今月、第1回目の第三者割当増資が行われました。


会社設立の時点で、上場を視野に入れている若いベンチャー経営者は

たくさんいます。

きょう訪問してあらためて感じましたが、創業時から上場を意識している会社には、

ある一定のレベルまでは、会計事務所がIPOのコンサル的な役割を

する必要があるのだと思います。

資金不足、人材不足の創業時、

少なくとも、外部の高いコンサルフィーに耐えられる体力がつくまでは。


会計まわりを見ている会計事務所がその役割を果たすのは当然といえば、

当然なのですが、なかなかそれができる税理士は少ないのが現状なのです。


そういった意味では、上場支援を前面に出してやってみるのも、

事務所の方針としては有りですね。

9月以降に期待しましょう。

人気ブログランキング


unitedbrain at 21:50|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年07月19日

お客さまの成約率


会社設立などのご相談だけの場合もありますが、

ホームページからお問い合わせがあった場合の成約率は、

今のところほぼ100%。

ブログの効果です。


HPを見て、一番気になるのは、その税理士がどんな人なのか。

そういう点では、ブログの効果は絶大です。

ブログを読めば、人柄や仕事への思いのような部分が伝わり、

どんな人なのかがある程度想像できてしまう。

無味乾燥な会社案内だけのホームページでは、どんな人かなんて分からない

ですから、そういう意味ではブログは絶好の自分紹介の場なのかもしれません。


ホームページを作るときに、ブログをメニューに載せるかどうか迷いましたが、

今は、載せて良かったなあ、としみじみ思います。

いろんな面でWebの世界の勉強にもなりましたし、

いろいろな出会いもありました。


お客さまなどからご紹介いただけた場合もうれしいですが、

「ホームページを見ました」というお問い合わせも、

また違う意味でうれしいですね。


人気ブログランキング


unitedbrain at 13:26|PermalinkComments(2)税理士業務 

2007年07月18日

薩摩の教え


薩摩の教え

<漢(男)の順序>

一、何かに挑戦し、成功した者

ニ、何かに挑戦し、失敗した者

三、自ら挑戦しなかったが、挑戦した人の手助けをした者

四、何もしなかった者

五、何もせず批判だけしている者



自分は何もしていないのに、他人の批判ばかりをする人はたくさんいます。

成功した人は、失敗のリスクを抱えながらも、何かに挑戦したからこそ

成功を手に入れることができたのです。

何も挑戦しなかった人が、成功した人を妬む。

カッコ悪いですね。


ベンチャー企業の社長、少なくとも宇坪会計のお客さまは、

何かに挑戦し、目標に向かって突き進んでいる会社ばかりです。


最近、お客さまに刺激を受けることが多いなあ、と思います。

私は、挑戦する側の人間でありたいです。


人気ブログランキング


unitedbrain at 16:09|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年07月11日

ひまわり


ひまわり











青山フラワーマーケットの南青山本店の前でパチリ。

センスを感じるとてもお洒落な空間です。


青山フラワーマーケットの、全国の年間来店者数は200万人超。

年商は40億を超え、あっというまにビックネーム企業に成長しました。

http://www.aoyamaflowermarket.com/


花屋さんの存在意義は、昔も今も変わらないはず。

これだけ急成長したのは、時代の変化、日本の豊かさの変化にもうまく乗り、

富裕層から、若年層へのシフトと、その若年層のニーズを

喚起したことろに、その成功がありました。


公認会計士資格を持つという、ここの社長のセンスと

行動力はすばらしい。


それにしても、

こんなきれいなヒマワリを見ていると、夏が待ち遠しくなりますね


人気ブログランキング


unitedbrain at 16:11|PermalinkComments(6)税理士業務 

2007年07月10日

フラット化する世界


アメリカで領収書がスキャナーされ、インターネットでインドに転送される。

そして、アメリカ人が寝ている間に書類作成がインドで行われ、

時差の関係があるため、アメリカで朝がくれば、すでに書類は完成した形で

パソコン上で確認できる。


アメリカで会計士がやる仕事は、米国公認会計士の資格を

取得したインド人がインドで仕事を行っているのだそうです。

その理由はインドの賃金が安いから。


誰がやっても変わらないような仕事に限定されるとは思いますが、

「誰がやっても変わらない仕事」とはまわりを見渡すと意外と多いものです。

税理士業界でいうと記帳代行なんていうのもその一つですね。


少し前、製造業がこぞって中国などに安い労働力を求めたように、

いまや知的産業にも同じような動きが出ています。


フラット化する世界の中では、のほほんと暮らしている人の職は、

どんどん奪われていく・・・


今日は、新規にお客さまのご契約をいただきました。

これまでは、他の税理士に依頼していたというお客さまなのですが、

そのお客さまの話を聞く限り、あたり前のことをあたり前にできない税理士は

まだまだ多いのだと実感します。

あたり前の仕事をこなすだけでも差別化になる。

なんとも情けない税理士業界・・・


記帳代行が主な収入源になっている会計事務所は、

そのうち安い労働力(安くて性能の良い会計ソフト)などに職を

奪われてしまうのでしょう。


人気ブログランキング


unitedbrain at 23:03|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年07月09日

夢に日付を


「いつまでに何を行うか」

会社設立、起業の相談を受けていると、ときどき時間の視点が抜け落ちている

人とお会いすることがあります。

せっかくいいビジネスプランを立てているのに、

いつまでに何を行うかということが明確になっていないため、

いつまでたっても事業の具体的な準備が始まらないのです。


「夢に日付を」 

という言葉が、ワタミの社長の合言葉で有名ですが、

「いつまでに何を達成する」、というように具体的な時間の観念を入れないと、

いつまで経ってもビジネスが始まりません。


時間が経つと、「できない言い訳」ばかり考えるようになります。


リスクのないビジネスなんてありません。

状況によっては、計画を変更する必要がでてくるかもしれませんし、

撤退のルールを決めておく必要もあるかもしれません。

それでも、動き出さないと何も始まらない。


日曜日に本棚を整理していたら、6年前に読んだ

高杉良の「青年社長」という本が出てきました。

ワタミの社長をモデルにした経済小説ですが、

いまや、東証1部上場のマンモス企業のなったワタミも、

スタート時は、3人で始めた資本金500万円の小さな有限会社でした。


「いつまでに」がきっちり決まると、今やらなければならないこと、

その来たるべき日までに準備しなければならないことが、見えてきます。


高杉良の「青年社長」、ベンチャー経営者にお勧めです。


青年社長〈上〉



人気ブログランキング


unitedbrain at 08:11|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年07月06日

情報交換


私のまわりには、同じ時期に独立した税理士、会計士がたくさんいます。

同年代ということもあって、ランチを食べながら、

情報交換などもよくするのですが、

時代の変化なのでしょう、

税理士で独立しても、3年は苦労するといわれますが、

私も含め、開業1年前後の仲間たちは、みんな順調です。


お願いしてた会計事務所が逃げ腰だったという、

子会社の合併案件なども、仲間たちは、さらっとこなし、

セミナーの講師をやったり、金融機関へ営業に行ったり、

仕事もお客さまも順調に増やしています。

若さと行動力。


いい刺激になりますね。

刺激をもらえる仲間がいるというのは、幸せなことです。


専門性を高め、人間力を磨く

私も負けないようにがんばろう。


人気ブログランキング


unitedbrain at 10:26|PermalinkComments(0)税理士業務