2007年04月

2007年04月27日

専門バカじゃ・・・


良いモノを作っただけでは売れない時代・・・

モノをつくるメーカーであっても、
サービス業としての意識がとても重要になってきています。
商品での差別化が難しくなり、サービスによる付加価値をつけて、
競争力をつけなければ生き残れない。


先日、居心地の良さを売りにしているという歯医者さんの話を聞きました。

デザインや、個室ブースの設置、顧客管理の方法まで、
サービス業としての対応を徹底し、スタッフの意識も高め、
患者の満足向上を第一に考え、ホスピタリティに磨きをかけているという。

人のうわさ、紹介などで人を呼び、大盛況しているのだそうです。
リピート率も70%と高い。


同業者の中には、
「サービス重視の歯医者なんて、技術がない者の逃げ道だ」
と言う人がいます。

どこの業界にもこういう事を言う人は必ずいますが、
ITバブルの時に、
「うちは技術が高い、あんなやり方は、技術がない会社の逃げ道だ」
そんなことを言っていたIT企業、その多くはバブル崩壊後に倒産しています。

「あんなやり方」をしていた会社は、その後、楽天やサーバーエージェントの
ようなビック企業に成長しました。

自己満足にちかい技術を売りにするのではなく、顧客満足を重点に、
マーケティングの観点からビジネスを展開していく発想がどんなに大切なことか。



「技術がある」だけの歯医者さんと

「技術もありながら、サービス重視」の歯医者さん。

どっちが選ばれるかは一目瞭然です。


今の士業、税理士の業界でも同じことが言えるのかもしれません。

自己満足にちかい技術を売りにする専門用語ばかりを使って説明する税理士


顧客満足を考えているのなら、一般の人が知らないような専門用語は
使ってはダメなのですよ!


人気ブログランキング


unitedbrain at 20:43|PermalinkComments(2)税理士業務 

2007年04月26日

中小企業のM&A


中堅・中小企業を専門にM&Aの支援業務を行っている
某上場企業さんが来社されました。

高齢化社会と同様に、中小企業の事業承継問題は、深刻な問題となりつつあります。
M&Aは、その問題解決の一つの有効な方法。

社長が高齢にもかかわらず、身内や社内に後継者がいない場合には、
会社そのものを売却し、第3者に経営をしてもらうことで、
従業員の雇用や取引先の仕事も確保されることになります。

そして社長自身も、売却で得た資金で老後の生活資金を確保できる。

ライブドアや村上ファンドなどのニュースの印象が強いので、
M&Aは、中小企業には縁の無い話のような印象を受けますが、
全体のM&A件数の中で、中小企業は約70%もあります。
実は大企業よりも多いのです。

一般の人に馴染みがないのは、マスコミなどで
報道されていないからなんですね。
ニュースにしても誰も興味を持たないでしょうし。

事業承継の問題解決もそうですが、
ベンチャー企業などでも合併や買収といった選択肢は当然出てきます。

視野を広げて、M&Aの発想さえ持っていれば、
企業経営の場面場面で、選択肢が広がることは間違いありません。

企業と社長に一番身近な存在である私たちが、まずこういう選択肢が
あることを理解しておく必要があります。


IT系のベンチャー企業などは、こんな発想もありですね。

渋谷ではたらく社長のアメブロ
http://shibuya.ameblo.jp/shibuya/entry-10031595497.html



人気ブログランキング


unitedbrain at 20:12|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年04月25日

新規のお客さま


先月から、事業計画と資金計画を作成されていた新規のお客さま。

私がお手伝いしたのは、数字の面だけですが、

事業計画書の精度もかなりあがり、

具体的な資金調達のメドも立ってきたようです。

正直なところ、はじめてお会いして、事業計画の話を聞いたときは、

少し心配だったのですが、きょうの話を聞いて安心しました。


楽しみです。

どんな展開になるでしょうか、急成長の予感。


私も置いて行かれないように、新しい知識と経験を

積んでいかないといけませんね。

がんばります。


人気ブログランキング


unitedbrain at 20:57|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年04月23日

忘れてはいけないもの。


けさは、かなり早めに家を出て、
事務所近くのスタバでコーヒーを飲みながら本を読んでいました。

ふと隣を見ると、スーツ姿のサラリーマンらしき人が
税理士試験の勉強をしています。

出勤前の朝の時間を活用して勉強しているのでしょう。

税理士試験は科目合格制なので、働きながらでも比較的取りやすい資格では
あるのですが、仕事をしながらの勉強はかなりハードです。

あきらめなければ、取れる資格だと思うのですが、
途中であきらめてしまう人が本当に多い。


私も相当苦労しました。

時間とお金と人付き合い・・・

仕事と勉強との両立・・・


「何のために勉強しているのだろう」

途中で投げ出したこともありました。

いろんなものを犠牲にして、資格を取るために何年もの歳月を費やしました。



あの辛い日々。


様々な葛藤。


本番での一瞬の油断。


もし、あそこであきらめていたら・・・


いま、仕事を通じて、色々なところから、
ありがたい言葉を頂けるようになりました。
あの経験があるからこそ、今が充実しているのかもしれません。


朝のスタバで、「何のために働いているのか」 を再確認です。

がんばれ、仕事を持つ受験生


人気ブログランキング


unitedbrain at 09:59|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年04月20日

最短距離をすすむ


いろいろなことを同時に始めたため、仕事がたまり気味です。

ボリュームは多くないのですが、考える仕事が増えてきたからでしょうか?


「仕事が遅い人はダンドリが悪い」という話をよく聞きます。

いつも一生懸命にやっているけど、やっているわりに時間がかかるという人。

仕事を頼まれるとすぐに行動を起こすのですが、結局何も考えずに、

手をつけてしまっているので、無駄な動きが多くなる。


ただ、がむしゃらに頑張るだけでは結果は残せませんし、

最終ゴールの場所が決まっているのなら、最短コースを選ぶべきなのです。

道が見えるからといって、何も考えずに、がむしゃらに進んでしまっては、

「結局は、遠回りをしてしまったなあ」、なんてことになりかねません。



ダンドリを組み直そう・・・



人気ブログランキング


unitedbrain at 11:54|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年04月19日

事業承継・相続対策


お客さまの相続対策。

今日は一日中考える仕事でした。


相続税の最高税率は50%。

相続があった場合、単純に考えると、相続財産の半分が税金で

消えてしまうことになります。


そして、特に大変なのが同族会社のオーナー株、それも優良企業の株。

一般的に優良企業であればあるほど、その会社の株価は高くなります。

仮に高い株価の時にオーナーが亡くなった場合、

相続人、子供たちは、とんでもない額の相続税の負担を強いられることになります。


同族会社の株を売ろうとしても、まず売れません。

ほぼ不可能と言っていいと思います。

お金に換えることができない、売ることができない財産に対して、

相続税がかかるのです。

相続税を払うだけのお金を用意することができるでしょうか・・・


一日中、パワーポイントと格闘していました。

相続税・贈与税・所得税・住民税をトータルした節税効果のシュミレーションと、

株価対策のプランニング。

対策をするのとしないのでは、何千万円、億単位で相続税の負担が変わってきます。

優良企業は、年々株価は値上がりしていきますので、

相続発生時のコストを抑えるためには、早めの株式対策が必要になります。


しかし、これが結構大変。

もうしばらく、パワーポイントと格闘の日々が続きます。


人気ブログランキング


unitedbrain at 18:33|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年04月17日

アントレプレナーのためのサイト


「アントレプレナーのためのサイト」を作ります。


起業を志す人にとって必要な情報がすべて盛り込まれた情報サイト。

以前から考えていたのですが、なかなか手が進まず…

やっと先週末から作り始めました。


夢や理想に燃え、アイデアも技術も持っているベンチャー企業が

たった1年や2年で世の中からの退出を迫られるのはなぜでしょうか。
 
新たな市場を生み出す可能性がありながら、その機会を得られないうちに

市場からの退出を迫られる、これは社会にとっては損失以外の

何ものでもありません。

会計事務所が運営する実務に直結した、

起業家、アントレプレナーにとって少しでも役立つ専門情報サイトを


仕事の合間や休みの日を使って、作っていく予定なので、

少し時間がかかってしまうと思います。

しばらくは、地味、、な作業になりますねえ。


人気ブログランキング


unitedbrain at 19:03|PermalinkComments(3)税理士業務 

2007年04月16日

マーケットリサーチ


マーケットの変化をとらえたいという時に、よく定点観測というものを行います。

アパレル業界の話が分かりやすいと思いますが、

たとえば、渋谷などのある決まった場所で、定期的に写真やビデオを撮り、

同じ場所に集まる若者のファッションの違いを継続して観察することで、

ファッションのちょっとした変化を捉えようというものです。

アパレルメーカーなどでは、その定点観測で得た情報をもとに、

あたらしい商品を作るためのデータとしているのです。

ここでポイントになるのが、「定点」と「変化」。

「若者のファッション」がテーマなら、定点は「渋谷」だろうし、

観測は「ファッションのちょっとした変化」です。

定点を間違ってもいけませんし、変化に鈍感では話になりません。


ファッション業界のこの例はとても分かりやすいのですが、

他の業界を考えると意外と難しいと感じる機会が多くあります。

しかし、定点を間違わず、変化に気付くことができればチャンスなんて、

いくらでもあります。


私も独立するとき、先輩先生に言われました。

「君の年齢で独立したって、お客は付かないよ。

 3年は食えないね。」

おそらくこの先輩先生の定点は10年前、当然に、今の時代の変化に気付いて

いないから、こういう考え方になってしまうのだと思います。

若いベンチャー企業の経営者は、この定点観測という言葉は知らなくても、

定点観測した結果と思われるような内容を事業計画書に落とし込んでいたりします。

先日ご契約いただいたお客さまもそうでした。

若い経営者は、時代の変化に敏感です。

マーケットの変化を的確に捉えることができれば、

画期的な技術やアイデアがなくても、ビジネスは成立するのです。


この仕事をしていると、お客さまから学ばされていただく機会が多くあります。

土、日はゆっくりさせていただきましたが、

頭の中は、仕事のことでいっぱいでした。


さあ、今週もがんばろう!


人気ブログランキング


unitedbrain at 18:31|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年04月13日

事務所の引越し


いくらネットで簡単に情報が手に入るようになったといっても、

やはり1冊の本の情報量には勝てません。

専門書などは、必要な都度購入していたのですが、

そろそろ本棚が一杯になってきました。

お客さまのファイルも増えてきましたので、

スペースを確保しないといけません。

もうひとつ棚が必要です。

狭い事務所がもっと狭くなりますね…


というわけで、少し先ですが、夏をめどに広い事務所へ引越したいと思います。

優秀なスタッフを確保するための先行投資という意味もあるので、

がんばらないといけません。


お客さまあっての事務所です。

私自身も、もっともっと自己研磨に励み、より良いサービスが出来るように

努力していきたいと思います。

一生勉強ですね。


人気ブログランキング


unitedbrain at 12:26|PermalinkComments(0)税理士業務 

2007年04月10日

インテリジェンス


はたらくの楽しみ方大全集より。

あり「蟻」

 昆虫の中でも最も勤勉といわれる。

 世界中に分布し数多くの種類があるが、近年になって

 主に日本列島において「はたらきアリ」の他に「はたらくを楽しむアリ」

 の存在が確認された。

 「はたらきアリ」がその一生を通じて労働のみに従事する一方、
 
 「はたらくを楽しむアリ」はその名が示す通り、「はたらくを楽しむ」
 
 習性をもっているため、毎日が格段に充実しているとされる。



人材サービスのインテリジェンスの広告の一部なのですが、

センスがいい広告ですよね。

サイバーエージェントの藤田さんやUSENの宇野さんのような

優秀な人たちが巣立ったインテリジェンスでもあります。

ベンチャー精神やこういったセンスのよさは見習うべきとこ多しです。


センスの良さといったデザイナー的な素養を持ち合わせていないと、

これからの時代は、生き残っていけません。

人々が心の豊かさや心地よさを求めるようになった今、

たとえ専門家であろうとそれは変わらないはず。


「ちょっと見方を変えると、毎日はおもしろくなる。」

センスを磨きましょう!


人気ブログランキング


unitedbrain at 15:33|PermalinkComments(0)税理士業務